トップ / 葬儀へ参列するときの靴

最後のお別れ葬儀の心得

人間、誰でもいずれは死にますが、人生の最後くらい人に惜しまれて死にたいものです。自分の葬儀にも、多くの友人、知人が参列してくれればと思うものです。見送る側も、生前、憎んでいた人でも死んでしまえば懐かしくなるものです。仏教では、死ねば霊になり、やがて仏になります。他人の死により自分の死を見つめ、結局同じ仏になるのだと自覚し、他人の非道や無慈悲を許し、自分自身の行いを反省するところから、毎日を生きる意味が見えてくるのです。

働き方

↑PAGE TOP

© Copyright インターネット上の著作権. All rights reserved.